Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【片江のうどん店】牧のうどんは福岡のソウルフードである

牧のうどん片江店に行ってきました。

福岡と言えば、うどん発祥の地。

その福岡では、讃岐などとは違ううどん文化があった!

スポンサーリンク

牧のうどん片江店

牧のうどん片江店はこんな店構え。

牧のうどん片江店

住所:福岡県福岡市城南区片江4丁目1−20

電話:092-863-5326

 

駐車場は広めです。

 

牧のうどんの特徴とは

いくら「福岡のソウルフード」と言っても、「しょせん、うどんでしょ?」なんて意見もありそうです。

決定的に普通のうどんと違う点があるのです!

 

讃岐うどんなどは、麺をゆでた後、冷たい水で締めます。

それにより、うどんの表面の小さな穴は閉まるので、後から水分を吸いません。

だから腰の強い麺になります。

 

一方、牧のうどん(と言うか昔からの福岡のうどん)は、ゆでた後そのままスープにイン!

麺の表面の小さな穴はあきっぱなし!

だから、スープを吸う吸う。

牧のうどんの厨房

 

のんびり食べていたらスープがなくなってきます。

スポンサーリンク

のびたみたいな感じ?

だから、牧のうどんでは、小さなやかんが別に提供され、そこに「追いスープ」が入っています。

牧のうどんのやかん

 

これで、スープが復活します。

麺が段々スープを吸っていくので、スープを足す。

見た目、全然減っていないように見えるのです。

 

麺がのびているという表現は適切じゃない。

スープも一緒に麺を食べているのです!

だって、おいしいし。

 

牧のうどんの食べ方

牧のうどんは、注文したら、比較的すぐに提供されます。

牧のうどんの肉うどん

ちなみに、画像は肉うどん(550円税込み)

 

うどんが届いたら、ネギを「これでもか!」と入れます。

牧のうどんのネギ

 

食べていくと段々スプがなくなってくるので、小さなやかんからスープを追加!

牧のうどんのやかん

 

牧のうどんと言えば、「うどん」ですが、そばも美味しいのです。

牧のうどんと言えば、「かしわめし」と言う人もいますね。

そば+かしわめしと言う手もありますね^^

スポンサーリンク