【吉塚の天ぷら屋】各天ぷら定食が値上がりしていた

福岡の天ぷら屋と言えば、「博多だるま」と「天ぷらひらお」ではないでしょうか。

今回(2018年12月)は「博多だるま」に訪問。

そしたら、色々代わっていたのでお知らせします。

博多だるまとは

過去にも記事にしたことがあるのですが、福岡では手軽な料金で揚げたての天ぷらが食べられます。

関東ではてんぷらを食べると言ったら、本当の高級店か、天丼てんやのようなどんぶりチェーンくらいになってしまいます。

福岡では、揚げたてが目の前に提供されるけれど、1,000円以下の手が出やすい価格で食べられるお店がたくさんあります。

その「天ぷらの方式」を作ったと言えるお店が「博多だるま」と「天ぷらひらお」だと言えます。

今では、これらのお店を真似して数えられない天ぷら店が福岡市内にあります。

今回は「博多だるま」に行ってきました。

dav

 

値段が上がっていた

天ぷら定食は、メニューによって価格が違います。

うろ覚えですが、「ミックス」は860円くらいだったと思うのです。

ところが、今回訪問したら900円!

dav

 

豚肉の天ぷらは本当においしい!

それを考えると「肉定食900円」なのですが、キスの天ぷらも美味しいのです。

どちらも食べられるのが「ミックス定食900円」なのです。

ランチで1000円超えるとちょっと痛い。

色々バランスが良いのがミックスなのです。

 

dav

ミックスの内容は、キス、ホタテ、小エビ、豚、野菜3、中ご飯、味噌汁。

この日の野菜は、玉ねぎとなすとピーマンでした。

日によって違うみたいです。

 

番号札ができていた

お店に入ったら、食券を食券機で買うのですが、それとは別に「番号札」を取って、順番を待ちます。

dav

 

そう、昼間は並んでいるほど人が多いのです。

 

一組で1枚の順番札をもらいます。

順番が近くなると「〇番の方、何人ですか?」と聞かれます。

人数によって、カウンターとテーブルに振り分けられます。

 

ちなみに、カウンターとはこんな感じ。

dav

スポンサーリンク

ちょっと狭いです。

でも、ちょっと殺伐とした雰囲気も良いのです。

ちなみに、家族ずれの場合はテーブルに通されるので広く快適に食べることができます。

サラリーマンの場合、早く、安く、食べる必要があるのでこれで十分かと。

 

変わらない塩辛の食べ放題

席について、食券を渡したら注文は終わりです。

ご飯とみそ汁が運ばれてくるまで待つだけです。

しかし、ここで単に待っているのでは退屈です。

塩辛を小皿にとって食べ始めるのがベテラン(?)です。

dav

ゆずが入っていて、風味もよく、おいしいです。

ひらおよりも塩辛いと言う人もいますが、ここは好みと言えます。

筆者はだるまの塩辛好きです。

 

そして、ごはんとみそ汁が届きます。

dav

ごはんは大盛りです。

ご飯が届いたのだから、ご飯+塩辛で食事スタートです!

 

そのうち、ざるのようなお皿に天ぷらが運ばれてきます。

dav

一気に運ばれてくるのではなく、揚げた順番で届けられます。

この日は最初にキスが届きました。

そして、玉ねぎ。

豚肉、ホタテ、えび、ナスと来て、最後にピーマンでした。

 

豚肉がうまい!

キスも良い感じでした。

揚げたてなので、サクサクしています。

スーパーの出来合いの天ぷらのようにへにゃっとしていません。

ここがお店で食べたい理由の一つです。

 

駐車場は広いけれど難あり

駐車場は37台分あると言うことです。

dav

でもちょっと狭い印象です。

運転が心配な場合は、立体駐車場の方ではなく、お店に近い方の平地に停めると良いでしょう。

 

価格などは変わっていました。(高くなっていた)

でも、目玉が飛び出るほど高いわけではなく、こんなものかな、と言う印象。

 

確かにお客さんは多いのだけれど、以前よりも少なくなった感じです。

天ぷらひらおはどのお店も長蛇の列で、30分とか並ばないと食べられません。

それを考えると、5分くらい待つだけで食べられるだるまも「あり」だと思います。

 

博多だるま

福岡県福岡市博多区吉塚1丁目22-1

092-622-9424

11:00~21:00

 

基本的に年末年始とお盆以外は営業しているみたいです。

たまにイレギュラーで休業があるみたい。

 

スポンサーリンク

コメントを残す