【愛宕の和菓子】岩井屋の岩井餅は愛宕山の景色も楽しみの一つ

福岡の市内には山があります。

その一つが「愛宕山」です。

山頂には愛宕神社があり、山に登る途中には「岩井屋」さんがあります。

ここで売られている「岩井餅」は太宰府の「梅が枝餅」みたいなものですが、景色も楽しみの一つとなっていて、大宰府とは一味違います。

 

岩井屋とは

標高80mの低い山が福岡市内にあります。

その参道に岩井屋さんはあります。

岩井屋

 

岩井餅はこんなのです。

170円。

岩井餅

 

ここの人が一人、六本松でお店を出しています。

それが「ろっぽんぽん」です。

  六本松のろっぽんぽん

  ろっぽんぽんのたいもち

 

岩井屋さんは庭も素晴らしい

愛宕岩井餅

 

春には桜も咲きます。

愛宕岩井餅

 

景色といえば愛宕神社

やっぱり、愛宕神社にお参りするところからだと思います。

気まぐれに漫画風に愛宕神社を紹介。

 

愛宕神社の鳥居。

愛宕神社の鳥居

 

階段が結構たくさん・・・

エレベーターもエスカレーターもない・・・

神様に会うためには多少の苦労は必要なのです。

愛宕山の階段

 

お手水場。

手と口は清めないと。

お手水場

 

正式な清め方を知ってますか?

  【神社の作法】神社で手を洗う(清める)作法を知る(手水舎)

スポンサーリンク

手と口を清めたら・・・通路を抜けて・・・

愛宕山

 

また階段ー!!

愛宕山の階段

 

それを乗り越えると神社が見えてくる。

愛宕神社

 

愛宕神社からの景色は、福岡の高級住宅地の一つ「百道浜」が一望できます。

そのため、広告などに使われることも多いのです。

百道浜の景色

 

博多湾だか、玄界灘だか、結構一望できるのです。

景色がいい

 

愛宕神社には、鳩がたくさんいます。

餌を100円で買うことができ、鳩に餌を上げるとまた鳩が集まってきます。

鳩が集まってくる

もうね、おびただしい数よってきます。

 

餌をくれる人=良い人 ってことで鳩が集まってきます。

気軽に手にのてくる。

鳩が手にのってくる

どんだけ慣れているんだ・・・

 

十分楽しんだ後に、また階段を降りていくとあの「岩井屋」さんが出てくるというわけです。

岩井屋のタイミング

 

そりゃあ、行きますよ。

そりゃあ、休みますよ。

そりゃあ、お茶をいただきますよ。

 

岩井餅ってこれくらいの大きさです。

岩井餅

 

厚さはそれほどないし、あんこもあっさりしています。

甘いけれどベタベタした甘さじゃなく、すっきりした甘さなので、1個、2個くらいぱくぱく行けてしまいます。

 

お茶がまた合うんです。

 

この時間の過ごし方、楽しみ方を知ってしまったら、また愛宕神社、岩井屋に行きたくなります。

「岩井餅」って「祝い餅」と同じ音で演技も良さそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す