【吉塚天ぷら】だるま天ぷら定食

珍しく博多区の吉塚にある「だるま天ぷら定食」に行きました。
地元の人は「天ぷらだるま」と呼んでいます。

 

スポンサーリンク






 

お店は「だるまの天ぷら定食」と書かれています。
こっちが本当の名前かも知れません。
城南区ラーメン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まあ、名前なんてどちらでもいいと思います。
福岡で「天ぷら」と言ったらこの手のお店が2つあります。

 

この「だるま」と、もうひとつ「ひらお」です。
どちらも、揚げたてを出してくれるシステムです。

 

多店舗経営の「ひらお」。
吉塚だけの「だるま」。

 

カウンターだけの「ひらお」。
テーブルもあってファミリーでも楽しめる「だるま」。

 

天ぷらの衣が薄いのが特徴の一つ「ひらお」。
ひらおに比べると衣が厚い「だるま」。

 

ちょいちょい違うのですが、私の場合小学生の娘と一緒に行ったので、だるまを選びました。
テーブルがあるし、昼時を外したら余裕で座れるからです。

城南区ラーメン

さて、今日は何を選ぼうか。
そう言えば、私はいつも「お好み定食」でした。
「お好み」と言うと関西の方にとっては「お好み焼き」になるのでしょうが、「お勧めの天ぷら」と言うことです。

 

おもての表で先に見て決めることが出来るので、中に入って券売機の前に行っても慌てる必要はありません。

城南区ラーメン

食券で好きなメニューを選ぶとテーブルに持ってきて座ります。
そしたら、店員さんが来て、「○○定食ですねー。」と確認に来てスタートです。

 

まずは、ご飯と熱いみそ汁と、殻のかごが持って来られます。

城南区ラーメン
ご飯が届いたら、塩辛でご飯を食べ始めるのが私流(汗

 

でも、多分ほとんど人がそう。
ちょっと塩辛い塩辛。あたりまえか。
最後にはご飯に塩辛を乗せて、テーブルに準備されている、熱いウーロン茶をかけて「ウーロン茶茶漬け」として食べるのもいい、とテーブルに置いてある紙に知らせてあります。

スポンサーリンク

 

私が来ていた15年くらい前にはそんな案内はありませんでした。
だるまも進化しているんだなぁ。

 

さて、1品目。
魚ですね。キスです。

城南区ラーメン
あつあつの揚げたてです。
慌てて食べると口の中がヤケドします(^^;

 

ゆっくり食べていると2品目、3品目と続けてきました。
こんどは野菜ですね。

城南区ラーメン
かぼちゃと・・・なす。
かぼちゃは甘いので、後の方で食べたいな、などと思っているとすぐに次が!

豚肉と・・・
城南区ラーメン

何だか忙しくなってきました。

 

本当は急ぐ必要は全くありません。
自分の好きなタイミングで食べたらいいのです。

 

最後の1品、ピーマンが来ました。
一瞬なにかと思う色と形です(汗

城南区ラーメン

ご飯は中サイズを頼んだのですが、最後はご飯が足りなくなりました(汗
大にしておけばよかった・・・

 

お代わりは100円なので、頼んでも良かったのですが、
お腹はいっぱいです。

ウーロン茶茶づけは次回のお楽しみになってしまいました。

城南区ラーメン

「だるまの天ぷら定食」一度行ってみるといいと思います。
店員さんが外国人になっていたのは驚きました(^^;
でも、日本語は上手だったので、全く問題ありません。

 

この日は平日の13時過ぎに行きました。
表のパトライトの色で込み具合が分かるようになっています。

 

食べ終わったら吉塚商店街を散策するのも楽しいですよ。
むかーーーーしからある商店街で随分閉まっているお店も多いです。

 

だからこそ今散歩するとおもしろい!
なんだかワクワクします(^^

スポンサーリンク






コメントを残す