【南区台湾料理】台湾飯店

福岡市南区の台湾飯店。
台湾料理がうまい!
独特な店員さんも魅力の一つ。

 

スポンサーリンク






 

南区台湾料理居酒屋
南区の通りにはたくさんの飲食店があります。

 

そんな中、自社ビルをもった(?)台湾飯店はちょっと異色です。

入口は普通の飲食店。
中華と言うか、台湾料理なのです。
南区台湾料理居酒屋

価格帯は以前より安くなったかな?
南区台湾料理居酒屋

店内の感じはこんな感じ。
南区台湾料理居酒屋
元は高級店っぽい内装だったのでしょうが、メニューを貼った貼り紙が逆に安さを醸し出してしまっています。
実際ランチなどはかなり安いです。

 

ランチメニューも充実しているようです。
1品1品注文するのもいいのだけれど、コース的なものがあります。
南区台湾料理居酒屋

この店の特徴の一つでもあるのですが、

店員さんがぶっきらぼう!

これを知った上で行かないと、多くの日本人は不快に思うでしょう。

 

お皿を「ガチャン」と置きます(^^
そして、食べ終わったお皿は無言で下げます。

 

何度か行って分かったのですが、悪気がある訳ではない様です(^^
むしろ、テーブルが片付いて広く食べられるようにしてくれているようです。

 

ただ、いかんせん、少しぶっきらぼう。
でも、ここもこの店の魅力の一つかも。

 

海外気分をこのお店だけで感じることが出来ます。
それもリーズナブルに。

 

他と比べて高そうですが、コースとして考えると割安です。
このコースは4人くらいでたべられます。

 

4320円なので、4人で割ると1人1080円となります。
その割にコース料理の量、味、共に大満足です。

その料理の数々をご紹介しますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エビチリ

意外に辛いです。でもそれが良い。
小学生の子供でも食べられるので、嫌な辛さではありません。
南区台湾料理居酒屋

スポンサーリンク
酢豚

肉たっぷりで食べ応えがあります。
南区台湾料理居酒屋

レタス包み

これがうまい!そして楽しい!
南区台湾料理居酒屋

「レタス包み?」と思いますが、レタスももちろんあります。
南区台湾料理居酒屋

このレタスをちぎって、ひき肉を包んで一口大にして食べるのです!

チャーハン

パラパラだけど、パラパラ過ぎず、ちょうどいい感じです。
味も日本人向けなのか、私の好みの味です。
南区台湾料理居酒屋

これのほかにコーンスープが付きます。
このコーンスープが絶品です。

 

おいしすぎて写真を撮り忘れました(汗
コーンの粒が適度に残っていて、これまでに飲んだことがないような食感のコーンスープです。
これはぜひ飲んでほしい料理です。

 

コースとは別なのですが、今回は単品でこれを頼みました。

 

魯肉飯(ローパープン)

煮込んだ肉をご飯の上にぶっかけて食べる大胆な料理です。
南区台湾料理居酒屋

中国で食べた滷肉飯(ルーローファン)と同じものの様です。
独特の調味料を使っていて、日本の料理ではこの味は味わえません。

 

特別目玉が飛び出るほど美味しいという訳ではないけれど、また食べたくなる味なのです。

本場の中国の場合は、もう少しご飯がパサパサだった気がしますが、ここでは日本的なおいしいごはんです。
少しそこが残念ですが、魯肉飯(ローパープン)の味は間違いない。
本場の味です。
また思い出したらここに食べに行きたいと思います。

 

しかも、リーズナブル!
380円ですよ!

 

台湾飯店の住所

福岡県福岡市南区野間3丁目8−22
092-511-4177
地図

スポンサーリンク






コメントを残す