【別府の海鮮丼】「はなれんこん」は高級化路線?価格アップで品数減!?

別府の居酒屋さん「はなれんこん」。

一時期ランチを止めておられましたが、復活していました。

数年前にお店を改装されたみたいです。

改装前後で残念なことを発見してしまいました。

ご紹介します。

 

 

「はなれんこん」とは

福岡市城南区別府にある、魚の美味しいお店です。

魚のおいしいお店は貴重なので、とってもいいお店だと思います。

はなれんこんの海鮮丼

2014年9月撮影

 

漁師さんがおられるみたいで、新鮮な魚が仕入れられるみたいです。

魚が新鮮なのもあるのですが、料理も美味しいお店です。

 

あら炊きがおいしいお店なんてそんなにありません。

はなれんこんのあら炊き

しかも、鯛の頭がこんなに大きい!

これは魚好きにはこたえられません。

 

改装前のはなれんこん

ランチの頃に行くと、大将らしき料理の人が1人と、パートさんなのか、奥さんなのか、女性が1人配膳されて営業されていました。

はなれんこんの店舗

 

海鮮丼950円はこちら。

正式名称は、「さかな屋の海鮮丼定食」950円。

海鮮丼と小鉢が2つ、汁物、香の物と言う構成です。

はなれんこんの海鮮丼

 

煮付け定食は600円。

魚は煮つけてあるものを選ぶことができました。

はなれんこんのあら炊き

 

改装後のはなれんこん

改装直後のはなれんこんについてです。

お店はきれいになったみたいです。

はなれんこんの店舗

 

看板はこのようになりました。

はなれんこんのメニュー

 

海鮮丼は1100円。

定食は680円。

全てのメニューで値上げです。

 

 

海鮮丼は、約10種類の魚が乗せられた豪華な丼!

変わったのかな?

ご飯は、以前のように少なめ。

魚がメインです。

 

海鮮丼と小鉢が1つ、汁物、香の物と言う構成です。

小鉢に髪の毛が入っていたので、衛生的に良くなったとは言えないのかもしれません。

スポンサーリンク

 

改装前

海鮮丼 950円

・海鮮丼
小鉢2つ
・すい物
・漬け物

改装後

海鮮丼 1,100円

・海鮮丼
小鉢1つ
・すい物
・漬け物

価格は上がって、小鉢が1つ減りました・・・(涙

ついでに髪の毛入り・・・

 

混ざっちゃっていたので、我々の髪の毛ではなかった模様。

こういうのを見ると、うーん・・・

 

ハンバーグ定食?

はなれんこんのハンバーグ

 

ハンバーグ定食は1200円だそうです。

はなれんこんのハンバーグ定食

鶏からあげ定食も出ているそうで、680円。

 

ランチの時間は、小学生未満は入店禁止。

店内での携帯電話、スマートフォン、カメラ、その他、電子機器の使用禁止。

はなれんこんの禁止事項

 

お店に禁止されたら、撮影はできません。

理由は分かりませんが、何らかの意図で禁止しているので、ルールは守ります。

 

マーケティングのセオリー

普通のマーケティングの場合、商品と価格と言うのはとても重要なテーマです。

 

商品の質を上げる(↑)、価格を上げる(↑)と言うのは、かなり強気の戦略です。

iPhoneなどのアップルなどがそうだと言えます。

 

商品の質を上げる(↑)、価格はそのまま(→)と言うのは、お金がかかる割に効果が見えにくい戦略です。

多くの製品やお店はこれにあたるのかもしれません。

 

商品の質はそのまま(→)、価格を下げる(↓)と言うのは、安易にできることですが、お店的には利益率が悪くなるので、客数が増えないと痛い戦略です。

その昔、マクドナルドが実施して痛い目を見ていました。

 

商品の質を下げる(↓)、価格を上げる(↑)と言うのは、これまで成功例を聞いたことが無い戦略です。

今回、はなれんこんが取り組んだ戦略です。

 

なんか、足が遠のきます。

更に、魚がウリのお店だと思っていたのですが、ハンバーグやからあげ。

子供用のメニューかと思いきや、子供はお断り。

 

客に対する挑戦かもしれません。

筆者はもう行かなくていいと思いました。

 

ここから歩いて5分ほどの笑天に行くことにしました。

  【鳥飼の海鮮丼】民家的な隠れ家的にゆっくりと楽しめる笑天で海鮮丼【画像あり】

 

お気に入りだっただけに残念。

常連さんを大事にしているお店なのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す