【六本松の新名所】オープンから1年が過ぎて今だから福岡市科学館に行ってみた

六本松の九大跡地に福岡市科学館がオープンしたのが、2017年10月です。

オープンした時はとにかく人が多くて、入り口に行くのが大変なほどの列。

そんなに並んでまで行きたいと思わない筆者としては、しばらく温めておきました。

オープン時の熱も冷めたであろう1年経過した今、福岡市科学館に行ってみました。

 

 

福岡市科学館とは

「福岡市科学館」とは、以前は長浜の方にあった「少年科学文化会館」が名前と内容を変えて移転してきた感じです。

オープン当初は本当に大行列でした。

 

  【六本松の科学館】六本松に福岡市科学館と蔦屋書店が出現!

  【六本松の科学館】2017年10月1日オープン!その時の六本松の様子は!?

 

ところが、1年数か月を過ぎて、しかも平日の昼間となるとさすがに人は少ないでしょう。

結局何があるのか?

有料のコーナーと、無料のコーナーでどこに何があるのかチェックしてきました。

六本松の駐輪場

 

福岡市科学館に潜入

1階入り口

福岡市科学館の入り口からみてみます。

地下鉄「六本松駅」の真ん前に入口があるので分かりやすいです。

福岡市科学館の入り口

 

オープン当初は行列で、プラネタリウムに行く人しか入れてもらえなかったので、冷やかしがてらだとこのエスカレーターすら昇ってはいけない様な気になってしまいます。

 

入り口に張り紙があるので見てみました。

福岡市科学館の入り口

有料エリアと無料エリアがあるみたいです。

ちまみに、図のオレンジ色の部分が有料エリアです。

面積で言うと、半分くらい?

 

じゃあ、とりあえず冷やかしで行っても大丈夫そうです。

早速エスカレーターで上にGO!

福岡市科学館の長いエスカレーター

長い!

エスカレーターがながい!

そして、上から冷たい風が吹いてくるので寒い!

どうもここ、屋根があるから室内と思いがちですが、外みたいです。

 

壁の絵が動くのが面白い。

なんかいい感じです。

福岡市科学館のエスカレーターの壁

 

福岡市科学館の2階

入り口まで来ました。

自動ドアでも大きなガラスの扉があると入りにくいなぁ・・・

透明だから入れるけれど、木の扉だったら入りませんね。

福岡市科学館の入り口

 

恐る恐る入ると、壁一面に変な絵が動いている。

ずーっとすしを握っている絵が動いていたり、お茶が入っていたり・・・なんだこりゃ。

「科学」・・・

福岡市科学館のエントランス

 

2階は、展示と受付があるみたいです。

正直何をしてのか分からないスペースです。

JRとか日出水道とか、西部ガスとか、企業展示みたいです。

福岡市科学館の2階

「ふーん」と言う感じ。

 

各界の案内がここにあります。

2階には総合案内とチケットカウンターがあるみたいです。

あとは、企業展示です。

福岡市科学館の2階

 

3階は「サイエンスナビ」「おやこひろば」「クリエイティブ工房」「実験室」「交流室」とのこと。

それぞれが何なのか分からない・・・

「おやこひろば」くらいでしょうか。

イメージが付くのは。

名称の付け方に工夫が必要だったと思います。

福岡市科学館の3階

スポンサーリンク

 

4階は「基本展示室」「オープンラボ」「工作室」「ショップ」

ショップは分かるけれど、他はやはりなんなのか・・・

 

5階まであるのですが、「ドームシアター」「サイエンスホール」

ドームシアターには(プラネタリウム)と記載があるので、分かります。

サイエンスホールって何?

 

とりあえず、エスカレーターで3階の昇ってみます。

 

福岡市科学館の3階

2階はあまりよくわからなかったので、3階に。

なんか、おじさんがいたんですけど・・・

 

3階を歩いていると、3Dプリンターが置いてある部屋があったり、何かのラボなのでしょう。

誰が、どのような目的で利用するスペースなのかは分かりません。

ふらりと行っても利用することはなさそうです。

 

壁を見るとこんなのが貼ってあります。

福岡市科学館のみんなのお部屋

やっと、入っても大丈夫そうなところを発見!

自由に使っていいみたいです。

中を覗いてみると・・・

福岡市科学館の部屋

 

なにかおじさんがテーブルを消毒しているみたい。

この日は小学生の見学があるらしく、先に準備していたみたいです。

だから、一般の人は入れない。

 

筆者も入ることができませんでした・・・

 

画像はないですが、「サイエンスナビ」と言うのは、図書館的な場所みたいです。

いくつかテーブルもあったので、ちょっとした書き物などもできそうでした。

 

「おやこひろば」は、びっくりするほど端っこの本当に少しのスペースだけでした。

あそこで何ができるのか・・・

 

4階に進みます。

 

福岡市科学館の4階

昇ったらすぐにショップです。

福岡市科学館のショップ

宇宙船の欠片や、宇宙食、立体パズル、など、ちょっとほしいけれど、いくらまでお金が出せるのか・・・と言うような微妙なものが売られています。

 

福岡市科学館の5階

福岡市科学館の5階は・・・なに?

福岡市科学館のホール

ホールみたいです。

 

円形の部屋もあるみたいで、こちらがドームシアターみたいです。

要するにプラネタリウム。

福岡市科学館のショー

 

今回は入りませんでした。

宇宙服の展示などもあり、ちょっと楽しかったです。

福岡市科学館の宇宙服

本物の宇宙服らしいです。

「ほー。」

 

一通り見たら

一通り見たので、降りていきます。

エスカレーターで。

 

2階に来たら、蔦屋が・・・

そして、スタバが・・・

福岡市科学館の蔦屋とスタバ

 

なんだこのオサレ空間・・・

本屋(?)、借りれるところ(?)とにかく本がたくさんあります。

福岡市科学館の蔦屋

 

「返却」と言うところがあったので、何か借りれるのでしょう。

「BOOKS」とも書いてあるので、買うこともできるのかもしれません。

 

その他、スターバックスもあり、コーヒーを飲んでいる人がたっくさんいます。

平日の昼間だと言うのに100人くらいいるかも・・・

 

これが新しい六本松・・・

古い六本松しか知らない筆者からしたら、「オサレ」すぎて目がつぶれそうです・・・

 

平日の昼間だと言うのにすごい数の人は、スタバにいた・・・と言う。

結構疲れました。

 

一度は見て回っても良いのかもしれません。

新しい六本松を知る上で。

スポンサーリンク

コメントを残す