【六本松の天ぷら】六本松に天ぷら屋さんが登場!「天ぷらわた辺」には策士がいる

六本松に天ぷら屋さんが登場しました。

その名も「天ぷらわた辺」。

ここには策士がいますよ!

知らないで行ったら必ず罠にハマります。

 

 

天ぷらわた辺とは

六本松に「天ぷらわた辺」が登場しています。

これまで、六本松に天ぷら屋さんはなかったので、ライバル不在です。

うまいところを狙ってきます。

策士はここから仕掛けてきています。

六本松の天ぷらわた辺

「わた辺」は、「ワタベ」なのか、「ワタナベ」なのか。

看板を見ると、「TENPURA WATANABE」って書いてあるので、「ワタナベ」が正解みたいです。

 

周囲のお店と定食比較

周囲を見ると人気店には行列が・・・

これに並ぶのはちょっと嫌だ。

六本松の人気店

 

他の店を見ると・・・

とら食堂でランチをみたら・・・

六本松のラーメン屋

 

焼豚ワンタンメン麺1,140円!

高すぎないですか(汗

とら食堂の中華そば

 

天ぷらわた辺のメニュー

そこで「天ぷらわた辺」を見たら、「定食680円」と!

これはいくわ。

 

そして、入店したら・・・

天ぷら定食3種類

 

定食(6種類) 680円(シイタケ、ナス、カボチャ、キス、エビ、ピーマン)

定食(8種類) 880円(シイタケ、ナス、カボチャ、キス、エビ、ピーマン、イカ、サバ)

定食(8種類) 980円(エビx4尾、キスx1匹、おまかせ野菜x3種)

 

3種類あったーー!

スポンサーリンク

定食(6種類)680円と定食(8種類)880円の違いは、2品。

それが「いか」と「さば」です。

 

6品って気持ち少ない。

結局8品の方を選ぶ。

 

松竹梅の法則で、3種類あると人は真ん中を選ぶと言うのもある。

 

策士がいる!

入り口で、内容は知らせずに「定食680円」と書いてあるので、入る。

入ったら、880円を注文する。

(実際、お店にいるうち来たお客さん7人のうち6人は880円だった)

しかも、680円の定食もあるので、何一つ嘘を言っていない。

 

さらに、単品で「いか」「さば」を頼むと各150円。

2個で300円分が、定食にすると200円なので、お得になっています。

 

さらに!

ご飯は大盛り「も」できます、と。

価格が一緒なら大盛りにしようと思ったら、「大盛りは50円アップです」と^^;

じゃあ、普通でいいよ。

 

880円出すなら、焼肉チャンピオンに行ってもよかったな、と少し後悔していると、天ぷらが出てきました。

「天ぷらひらお」や「天ぷらだるま」方式みたいです。

でも、メニューは3種類。

ちょっと不満。

 

ここまで考え抜くなら、「天ぷらひらお」や「天ぷらだるま」に勝てるところを作ってほしい。

 

定食(8種類)880円のレビュー

ごはん(普通)、みそ汁、天つゆ。

天ぷらは、シイタケ、ナス、カボチャから出てきました。

わた辺の天ぷら

 

わた辺にはツボが2種類置いてありました。

小さい方は、塩辛。

大きい方は、高菜。

わた辺のつぼ

とりあえず、塩辛を食べてみると・・・水分が多い。

「天ぷらひらお」や「天ぷらだるま」と比較しての感想ですが。

 

キス、ピーマン、エビ、画像はないけれど、イカとサバがありました。

六本松天ぷらわた辺の天ぷら

 

福岡で「天ぷら」と言うと、どうしても「天ぷらひらお」と比較されてしまいます。

ごはんは、普通でももう少し多くていいかなぁ。

塩辛はなんだかぬめぬめしたやつで水分が多かったので、普通のでいいかなぁ。

 

六本松で熱々の揚げたて天ぷらを食べられるのは嬉しい。

選択肢が増えるのはいいけれど、「何か一つ天ぷらひらおに勝つところが欲しい」と考えるのは消費者の勝手なお願いでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す