【六本松のマクドナルド】マクドナルドのハンバーガーのパンが変わっている!

六本松のマクドナルドに久々に行きました。

少しマクドナルドをバカにしていたのかもしれません。

最近のメニューでは、パンから変わっていますね!

ふかふかです。

かつての「まずいマクドナルド」は大幅に変わっている感じです。

 

 

六本松のマクドナルド

六本松のマクドナルドと言えば、六本松駅前店を見てきました。

マクドナルド六本松駅前店

赤と黄色のイメージだったマクドナルドは、いつの間にか、茶色と白のスタイリッシュな外観になっていました。

 

昔の外観はこちら。

六本松マクドナルド

 

随分すっきりしました。

変わったのは、外観だけではなかったのです!

 

マクドナルドのメニュー

注文したのは、ベーコンレタスバーガーセット(マックフライドポテトM+ドリンクM)650円です。

ちなみに、クーポンを使うと550円になります。

マクドナルドのメニュー

見た目は今までとそれほど変わらない感じ?

 

まずは、ハンバーガーを見てみます。

レタスが多い!

今までのマックのハンバーガーで野菜がこんなに入っている物はありませんでした。

マクドナルドのハンバーガー

スポンサーリンク

 

次に、ベーコンの形がある!

ちゃんと厚いベーコンが入っているのです。

 

一番注目すべきは「パン」です。

以前のパサパサなパンではなく、日本向けのふかふかのパンです。

 

ふかふかにするために通常のパンよりも製造に時間がかかるのだとか。

(マクドナルド公式ページより)

 

現在の日本マクドナルドの社長、サラ・カサノバがパンを代えたと言われています。

 

次に、ポテトです。

日本で売られているポテトはアメリカ産だとご存知でしたか?

材料は全てアメリカからの輸入品です。

マクドナルドのポテト

 

ポテトはたっぷり入っているので、ジェンガ的に1本1本抜いて食べます^^

マクドナルドのポテト

 

コーヒーも昔の単に苦いコーヒーではありませんね。

マクドナルドのコーヒーは生まれ変わった

「マックカフェ」なんて名前だけだと思ったのだけれど、実際の物も変わっていますね!

ただ、コーヒーフレッシュは一般の物と違いがありません。

コーヒーフレッシュって「油」だってご存知でしたか?

単なる白い油です。

ミルク分が全く入っていないものもあるくらいです。

 

 

六本松マクドナルドまとめ

ほんの1年、2年前と比べて、お店の外観も、内装も変わっています。

電源もwifiも整備され、建物、インフラ共に整備されています。

 

メニューもガラリと変わっていました。

パンはパサパサから、ふっくらに!

ハンバーグは変わりませんが、一緒に入っているベーコンはハンバーガーと同じくらい厚い!

食べ応えがたっぷりです。

 

ポテトは変わりませんが、コーヒーも確実においしくなっていますね!

スポンサーリンク

コメントを残す